TOEICという資格

TOEICという資格

TOEICは、数ある英語の資格試験の中でも特にビジネス英語や言い回しを重視した試験で、就職活動や昇進の基準になるため、特に男性に人気です。もともとはリスニングとリーディングのみで、最高990点の資格でしたが、最近はライティング力を試すTOEICのカテゴリーも出てきました。ビジネスの世界で戦うには必須の資格と言えるTOEICですが、海外との事業を行うのであれば、最低800点は得点する必要があると言われています。

ケアマネージャー等、医療系資格一覧

建築士という資格

建築士という資格

建築士は専門性も高く国家資格で試験も難易度が高く、なるのが難しい職業です。専門職なので収入も高い傾向にあります。大手になるほど収入が高くなる傾向もありますが、個人事務所でも実績やスキルを積み重ねていくことで収入に差も出てきます。個人の能力により色々な道が開け、有名になるチャンスもあり、個人事務所を立ち上げることも夢ではありません。やりがいもあり、自分で設計したものが世の中にずっと残りますし、常に成長し続けられるので男性に人気な職業の一つです。

行政書士など法律系資格一覧

宅地建物取引主任者という資格

宅地建物取引主任者という資格

宅地建物取引主任者は、建物や土地の売買契約や賃借契約及び交換取引がトラブル無く適切に行われる為に必要とされる不動産業界の有資格者であり、宅地建物取引業法に基づき定められている男性に人気の国家資格者です。宅地建物取引主任者は、年一回行われる宅地建物取引士資格試験に合格する必要があり、合格後は各都道府県知事の認可を受けると共に5年毎に宅地建物取引士証の更新の為の法定講習を受講する必要があります。宅地建物取引主任者の受験者は、2年の実務経験が必要ですが、登録実務講習を受講する事でも得る事が出来ます。

日商簿記という資格

日商簿記という資格

簿記というのは、企業や個人商店などの損益計算書や貸借対照表などの財務諸表、それを作成する元となる帳簿や精算表などを作ったり読んだりすることです。代表的なものとしては日商簿記の資格があり、社会人として必須の知識なので、特に働く男性に人気のある資格のひとつです。1級から4級まで存在し、特に1級は合格率が10%程度と、非常に難関です。基本的に4級が入門レベル、3級が個人商店向け、2級が中小企業向け、1級が大企業や上場企業向けとされています。

危険物取扱者という資格

危険物取扱者という資格

危険物取扱者とは字の通り火災の危険性が高い物質である危険物を取り扱う為に必要な国家資格の事です。この資格は特に男性に人気で、大きく分けて甲種、乙種、丙種の3種類あり、それぞれ扱える危険物が違います。この資格を取得するとガソリンスタンドでアルバイトする時に自給が上がったり、それ以外にもタンクローリーの運転手や消防士、石油化学メーカー、さらに研究所や食品工場といった仕事に就く時にとても有利になるというメリットがあります。