宅地建物取引主任者とは?

宅地建物取引主任者とは?

宅地建物取引主任者とは今は宅建士というのが普通です。この資格は国土交通大臣指定の国家資格で毎年10月の第三日曜日ですので今年は10月15日の日曜日になります。

試験時間は13時から15時までの2時間です。この資格を取得しないと不動産業はできませんので経営者がもっていないときは宅地建物取引士を雇用しないと営業でき ませんので不動産業界では必須の資格ですが合格率が15%程度です。宅地建物取引士の主な仕事は重要事項の説明です。

いわゆる35条の説明ですがお客様に対して文字通り重要なことを説明するのですが内容は日照や交通の便宜 ライフラインの設備状況で例えばガス、水道、電気などの設備がどうなっているかなど嘘、偽りなく説明しなければ なりませんし重要事項を説明するときは宅地建物取引士証を必ず提示しないと違反になるなど責任ある資格です。

宅地建物取引主任者はどんな人におすすめ?

宅地建物取引主任者はどんな人におすすめ?

宅地建物取引主任者は、名称が変更され宅地建物取引士となり、さらに重要度を高めていく傾向にあります。そのため、将来に向けてスキルアップしようとする幅広い方におすすめです。

不動産関係の仕事をされる方には直接仕事にかかわるため必要性が高いですが、それ以外の方でも役立つ知識が満載です。

まず法律を学んでいる学生さんなどは、上位の法律系資格を狙う準備段階で力試しをするという形で利用できます。実際に勉強してみることで、適性も判断しやすいでしょう。

さらに、不動産の取引は誰にでも起こりうることですから、主婦や普通のサラリーマンなど、一見不動産にも法律にもかかわりないように感じている方でも、学んでいくことで役に立ちます。

宅地建物取引主任者の試験について

宅地建物取引主任者の試験について

不動産会社を営む際に不可欠な宅地建物取引主任者は、2015(平成27)年度から宅地建物取引士と名称が変更になっていますが、この資格を取得するためにまず取り組まなければならないのは国土交通大臣指定の試験実施機関が毎年10月第3日曜日に実施している国家試験の突破です。

宅地建物取引士試験は、1996(平成8)年から受験資格が撤廃されています。そしおて誰でも受験することができます。

その国家試験では、不動産を取り扱う業務をするにあたって必要な基本的な知識のほか、宅地建物取引業法をはじめとする関連法規、不動産にかかる税、価格の評定に関する事項、実務に必要な知識など、全部で7つの分野から50問が出題されます。

近年は合格率が10%台後半で推移しており、相当な勉強時間を確保しなければ合格するのがむずかしい、難易度の高い試験となっています。