TOEICとは?

TOEICとは?

TOEICは、英語の能力を試す資格試験で、リスニングとリーディングから構成されています。最高得点は990点で、主にビジネス英語が使われるので、仕事で英語を使う人が多く受験する資格です。

海外で働きたいと思う方は、最低800点くらいを取得する必要がありますが、TOEICには有効期限があるため、英検のように一度取得したから永久的にスキルの証明ができる資格ではありません。

語学力は衰えることがあるという考え方により、受験した時の英語力を証明する資格として利用されているため、的確に現時点での語学力を試すことができます。就職や昇進にも便利で、受験機会も多いので、将来的に外国と関わる仕事がしたい方には最適の資格です。

TOEICはどんな人におすすめ?

TOEICはどんな人におすすめ?

英語の資格試験はたくさんありますが、その中でも、海外とのビジネスに携わりたいと考えている人にとっては、TOEICは非常におすすめの資格です。

TOEICは、リスニングとリーディングから構成されている英語のスキルをはかる試験ですが、主にビジネス英語や言い回しを中心に出題されるので、ビジネススキルとして重視されています。

しかも、受験は日本全国多くの地域で頻繁に行われているので、受験しやすく、受験料も他の試験と比べると安いという点も魅力的です。

就職や昇進の基準としてTOEICが使われることが多いので、海外に関心がない方でも、ビジネスで使える英語のスキルを証明する方法として取得しておくことがおすすめです。

TOEICの試験について

TOEICの試験について

TOEICの試験は、合格・不合格というふうにはっきりと結果がでるものではなく、最高得点990点のうち、どれくらいのレベルを得点できるか自分の英語のスキルを試すものです。

このように結果が点数で提示される英語試験はTOEFLやIELTSなど様々ありますが、TOEICが主にビジネス英語の試験であるのに対して、他の資格試験は大学留学をする際に使われるものであるためそれらと比べると出題される英単語のレベルは低く難易度は高くないと言われています。

しかし、990点満点を取得するのは大変難しいため、英語が得意な人でも、TOEICで使われる単語など出題と傾向をチェックすることが重要です。難易度が低いからといって、甘く見ない方が良い試験です。